1 1 1 1 1 1 1 1  
1
1
     
 
フランスのフランソワ・オランド大統領が重慶を訪問 李克勇学長が接待活動に参加
2016-03-29 16:22   审核人:   (浏览:)

2015112日から3日にわたり、習近平国家主席のお招きに応じ、フランスのフランソワ・オランド大統領が中国に対して国事訪問を行った。重慶が今回の国事訪問における最初の訪問先であり、重慶市黄奇帆市長が全行程同行した。本学の李克勇学長がお招きに応じ、オランド大統領の接待活動に参加した

李克勇学長が湖広会館前でオランド大統領と黄奇帆市長を迎える。

 

 112日午前10時から、オランド大統領が重慶湖広会館を視察した。李克勇学長が会館前でオランド大統領ご一行を出迎え、湖広会館について詳しく紹介した。李学長は湖広会館と「湖広填四川(清朝の大規模の住民遷移)」の関係及び歴史的意義を流暢なフランス語でオランド大統領に説明し、また、川劇の変面芸術の観賞に同行し、科挙制度についても紹介した。視察中、李克勇学長の解説により、オランド大統領は巴渝の歴史と文化に興味津々となった。

 

      大統領ご一行が         湖広会館を視察中。

                                                                 

李克勇学長がオランド大統領に湖広会館を紹介。

川劇変面芸術観賞

李克勇学長がオランド大統領に「橋の都」である重慶を紹介。

 外賓を送った後、黄奇帆市長は、「李学長の説明はとても良かった。短い時間ですが、情報は豊かであり、オランド大統領に湖広会館の歴史を説明することによって、重慶が移住民を受け入れる包容力、禹の治水方法に潜む知恵と禹が「三回家門を通っても入らず」という献身的な精神を強調し、うまく重慶を宣伝してくれた」と称賛した。

 また、本学国際処の陳功副処長が引率するフランス学部の学生10名がボランティアとして接待活動に参加し、見事に今回の重要な外事接待任務を成し遂げた。

 

 

記念集合写真

 

写真/文:国際合作交流処

一部の写真は中新網から引用したものだ。

 

 

Close Window