1 1 1 1 1 1 1 1  
1
1
     
 
本学の学者二人 香港へ講義に
2016-03-08 09:27   审核人:   (浏览:)

 

  香港浸会大学副学長で伝理学院院長でもある黄煜教授のお招きに応じ、本学博士指導教授、外国語文研究センターの王寅先生及び中外文化比較研究センター教授の林克勤先生が33日から、36日にわたって、香港浸会大学で講義を行なった。

  今回の講義は本学と香港浸会大学との学術交流シリーズ活動の一部である。  

  王寅先生は講義において、西洋哲学の4つの転変方向、すなわち、オントロギー、認識論、言語論とポストモダンをたどってご講演なさった。林克勤先生は目下の社会形態がマスコミ時代からポストマスコミ時代へ転換しつつあると指摘した。  

  二人の学者の講義は参加した教員と学生の注目を集め議論の種となった。  

 

                          王寅教授

                        林克勤教授

 

王寅教授と林克勤教授が香港浸会大学にて

 

写真:林克勤

文章党委員会宣伝部

翻訳:日本語学部MTI2015薛夢影

Close Window